パット・ライリー球団社長「レイカーズに加わるつもりはない」

【スポンサーリンク】

マジック・ジョンソンがバスケットボールオペレーション部門代表を辞任したことを受け、ロサンゼルス・レイカーズは後任を探し回っている。

NBAチームで実績を残した人物や、元レイカーズのメンバーなどが候補に挙がるであろうが、プレイヤーとしてもコーチとしてもレイカーズで過ごしたことがあるマイアミ・ヒートのパット・ライリー球団社長がレイカーズに加わることはなさそうだ。

ライリー球団社長はレイカーズ復帰の可能性について次のようにコメント。The Miami Heraldが伝えている。

「私の歴史はあのチームにある。それは間違いない。組織内には友人も多い。だけど、私はその一部になるつもりはないよ」


今後のヒートの球団社長として働くであろうライリー。

今季はプレイオフ進出を逃してしまったものの、来季を躍進のシーズンとしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】




  • ランダム
  • アーカイブ

【スポンサーリンク】